✿はんなりとした和の心をもっとカジュアルに✿

浮かないハーフ系の【カラコン】を選ぶための3つのチェックポイント!

2018/11/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
金沢近くの生まれ。 好きなものは和風なものと猫。 本人は「はんなり」とは程遠い存在です。
Pocket

色素薄めのハーフ系のカラコンを使うと、一気に雰囲気が変わり透明感のある外国人のような目になれますよね!

ですが、カラコンを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

実はカラコンが自分の目に合っていないと、自分では気づいていない内に違和感のある宇宙人のような目に…なんてことも。

 

私もカラコンを買い始めたばかりの頃は、あまり気にせずなんとなくで選んでいたのですが、ある時、自分の目に合わないカラコンをつけると目のバランスがおかしく濁った色の目になっていることに気がつきました。

それからはカラコンを買うときに、サイズや色を細かく気にするようにしています。

今回は、そんな私がカラコンを選ぶ時に気をつけているポイント3つにまとめました*

 

瞳の黄金率を知る

カラコン選びに1番重要なポイントは「自分の目のサイズに合っているか」です!

大きすぎると、バランスの悪い宇宙人のような目になってしまいます…

カラコンの色が付いている部分を”着色直径”というのですが、そのサイズが自分の目にあった黄金比になっているか、1番はじめにチェックしてください!

サイズが1mmでもずれていると、違和感のある目になります。

 

人間の目が、誰から見ても美しく見える黄金比のバランスは「白目:黒目:白目=1:2:1」。

目の縦幅はあまり関係がなく、横幅を測ってみてください。

例えば、目全体の横幅が3cmの方だと、黒目の黄金比は1.5cmです。

その場合、着色直径が1.5cmまでのカラコンが似合います。

カラコンの大きさは1.5cm以下のものが一般的なので、サイズに悩むことは無いですね^^;

ちなみに私の目の横幅は2.7cmなので、黒目の黄金比は1.35cmです。

 

目の色が暗めの人は、明るく発色するものを

日本人の目の色は「茶色・焦げ茶・黒色」の3つに分けられます。

明るい目の色の方はカラコンの色が発色しやすく、あまり悩む必要はないかと思いますが、目の色が暗めの方はカラコンの発色をチェックする必要があります。

せっかくハーフ系のカラコンを買ったのに、よどんだ目の色になってしまうとショックですよね…!

 

私の場合、目の色が暗めなので、あまり色が出ないものを選ぶと暗くよどんだ目の色になります。

発色の良さは「”カラコン名” レポ」などで検索すると、そのカラコンを実際に付けてみた発色や、大きさなどを細かくまとめているサイトがあるので便利ですよ^^

チェックポイントは発色の良さだけではなく、自分の目の色よりワントーン明るくなるかどうかも確認してください!

 

フチあり・フチなしで選ぶ

よくカラコンを選ぶポイントとして挙げられるのが、フチありフチなし

大ざっぱな分け方をすると

フチあり・・・派手・可愛い雰囲気なデカ目にしたい

フチなし・・・ナチュラル大人な雰囲気にしたい

ですが、目の横幅が狭めの方は、そのままでバランスの良い黄金率に近いので、目が大きく見えるフチありより、フチなしがおすすめです。

人によるかもしれませんが、あまり黒目の境目をはっきりさせると宇宙人のような目になる可能性があります^^;

 

おすすめハーフ系カラコン

ほとんどの方に似合う小さめサイズで、しっかり発色するものを選びました。

 

ミッシュブルーミン

着色直径は13.0mm。度数は±0.00~-10.00です。

私も現在愛用中なのが、こちらの「ヌーディベージュ」

ナチュラルに目に馴染みますが、存在感のあるカラコンです!

 

イットアイズ

着色直径は13.2mm。度数は-0.75~-6.00とバリエーションは少なめです。

小さめのサイズなので、クールな雰囲気の外国人のような目に*

 

おわりに

カラコンのサイズが1mmでも大きいと、顔から浮いてしまうので気をつけてください。

自分に合ったカラコン選びの参考になれば、嬉しいです^^

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました*

この記事を書いている人 - WRITER -
金沢近くの生まれ。 好きなものは和風なものと猫。 本人は「はんなり」とは程遠い存在です。
スポンサーリンク




スポンサーリンク








- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© はんなりのすゝめ。 , 2018 All Rights Reserved.